楽器処分

日本一お得な楽器の処分方法(無料よりもお得な引き取りも)

2019/10/13

「いらなくなった楽器の引き取りをお願いしたいけど、どこに頼んだらいいんだろう?」
「楽器の引き取りをしてくれる業者はわかったけど、もっと安くなるところはないの?」

いざ楽器の処分しようと思っても、テレビCMもやっていなければ、有名な引き取り業者を知っている人も少ないので、多くの人がどこに依頼したらいいのか悩みます。

でも、誰もが知っている粗大ごみ処理を選ぶと、強制的にお金がかかります。また、廃品回収業者には、「無料で回収」と言いながら、あとになって「これは有料」と言い始めるような悪い業者もいて、トラブルが起きるのは嫌ですよね。

せっかくなら信頼できることに依頼し、場合によっては「買取でお小遣い」になったり、余計な手間が掛からないのがベストです。

そんな中で、どのような方法による楽器の捨て方が最もコスパがよいのだろうかと疑問に持った私は、時間をかけて調査を実施しました。

そこで、今回の記事では、現時点で最もコスパがよく、お得な楽器の処分方法について解説していきます。

不要な楽器を捨てるための処分方法リスト

楽器の処分方法は、大きく分類すると、5種類になります。

①地方自治体の粗大ごみ回収制度の利用
②廃品回収等の回収サービスの利用
③中古楽器屋の買取サービスの利用
④オークション/フリマアプリの利用
⑤出張査定・買取サービスの利用※一番おすすめ
※リンクに触れると、すぐに該当のサービス詳細に飛ぶことができます

結論から申し上げますと、この中でオススメなのは、③~⑤です。ちなみに、その中でも、特に最強なのは⑤です。

それぞれの特徴と詳細については、私個人の評価を踏まえ、以下に解説していきます。

①地方自治体による楽器(粗大ごみ)の回収制度

■筆者の評価:
手間:☆☆☆★★星2
料金:☆☆☆☆★星1
総論:捨てるための手続きが面倒で、業者が買取してくれるわけでもないので、処分コストが高くなります。最もオススメできない処分方法です。

地方自治体には、家庭で捨てられる「家庭ごみ」の処分と、比較的大型で処分の大変な「粗大ごみ」の処分をするサービスがあります。

ギターやトランペットなどの楽器類は、粗大ごみに分類されており、処分には費用がかかります。なお、ピアノは、自治体によっては「処分困難品(処分できないもの)」に指定されており、粗大ごみとして処分できない場合がありますので、注意が必要です。

粗大ごみの処分には、大きく分けて、

①指定場所に持っていく方法
②自宅近くまで収集してもらう方法

があります。

①の場合は、市区町村の定める指定場所まで楽器を運び、その場で処理券を購入し、処分を依頼します。②の収集よりも処理券が安くなることはありますが、そのぶん手間がかかります。特に重量のある楽器は持ち運びが面倒です。なお、事前に所定の申し込み手続きを済ませておかないと、持ち込みを受け付けてもらえない自治体もあるので、注意が必要です。また、持ち込みできる時間帯も自治体によって様々ですので、事前に確認しておきましょう。

②の場合は、専用ダイヤルかインターネットから収集の申し込みをして、近隣の粗大ごみの処理券取扱店で粗大ごみの処理券を購入し対象物に貼り、玄関先や敷地の入口など収集しやすい場所に置いておく必要があります。また、申し込み後、すぐに収集してくれる自治体もあれば、しばらく期間がかかる場合もありますので、確認が必要です。特に引っ越しの際は、なるべく早めの申し込みを推奨します。

地域毎の粗大ごみの処分制度

市区町村によって制度が異なりますので、検索をおすすめします。

例えば、江戸川区にお住いの方は、

「江戸川区 粗大ごみ」

というように、「住んでいる区や市 + 粗大ごみ」でキーワード検索すると、処分方法に辿り着くことができます。

その他、神奈川県、千葉県、埼玉県、静岡県等の場合も同じ方法で検索してみましょう。

また、粗大ごみの品名やサイズ、重量によって、粗大ごみ処理券の値段が変わる場合もありますので、インターネットで必ず確認をしましょう。

②廃品回収等の回収サービス

■筆者の評価:
手間:☆★★★★星4
料金:☆☆☆★★星2
総論:急ぎで処分しなければならない以外のケースでは、おすすめできない方法です。

これは、自治体ではなく、民間業者が有料(あるいは無料)で粗大ごみを収集してくれるサービスのことです。一般的な呼び方としては、廃品回収ですね。

自治体が回収できない粗大ごみや短期間で収集を依頼したい場合に役に立つサービスですが、大体のケースにおいて自治体よりも回収費用が高くつくので、これもオススメできません。

楽器の廃品回収については、無償で回収してくれるケースが多いですが、他に「買い取ってくれる=対価をくれる」サービスがあるので、無償だとハッキリ言って損でしかありません。

廃品回収の悪徳業者にご注意を

これは余談になりますが、廃品回収業者の中には、広告では無償とうたいながら、実際に回収に来たあとで、「この商品は無償範囲外なので有償です」といったような詐欺行為が行われた過去の経緯があります。よって、廃品回収業者のサービスを利用する場合は、事前にインターネット上で口コミを探しておき、信頼できるところに依頼するようにしましょう。

③中古楽器屋の買取サービス

■筆者の評価:
手間:☆☆★★★星3
料金:☆☆★★★星3
総論:可もなく不可もなくといった処分方法です。近所に中古楽器屋さんがあるラッキーな方の場合はオススメです。

店舗型の中古楽器屋さんでは、不要になった楽器の買取サービスを行っているところもあります。不要になった楽器を店舗に持ち込み、レジで査定をしてもらい、その場で現金を受け取ることができます。

持ち込むことが手間になる点や、査定は店舗や査定人によって左右されるため、3つ星の評価にしました。

有名なお店では、ブックオフの系列である「ハードオフ」ですね。

中古楽器屋さんは、全国津々浦々にぽつぽつと存在しますが、そこまで数は多くないため、遠く離れた場所まで売りに行くのは非常に面倒だと言えるでしょう。

リサイクルショップに中古楽器を売るのはオススメできません

そのリサイクルショップに、楽器の「価値」がわかる専門スタッフがいる場合はオススメですが、そうでない場合は、ほぼ確実に安く買い取られてしまいます。

彼らの商売は、価値を見定めて、安く仕入れ、高く売るのが鉄則ですが、価値が見定められないものはとにかく安く仕入れるのが基本原則なのです。

よって、不要になった楽器をリサイクルショップで買取してもらうことを検討している方は、査定の専門スタッフがいるかどうかを確かめてからにすることを推奨します。

④オークション/フリマアプリサービス

■筆者の評価:
手間:☆☆☆★★星2
料金:★★★★★星5
総論:マニア受けする中古品で言うと、全国、あるいは全世界に向けて情報を配信し、高値で買い取ってくれる人を探すことができます。メールでのやりとりや金銭のやりとりが発生するため、手間はかかってしまうのが難点です。

PCユーザーにまだまだ人気のあるサービスはヤフオクですが、最近ではスマホユーザーが爆発的に増えており、メルカリやジモティーなどのスマホアプリで、不要になった中古楽器を買い取ってくれる人を探す方法がアツいです。

スマホでの中古品の購入は、どこでも、簡単にポチポチと処理できてしまうため、「思わず買っちゃった!」みたいな人が多くいます。

また、「こんなの売れるのか?」みたいなものでも、全国には、意外と欲しがる人がいるため、とりあえず出品してみるのが吉です。

詐欺ユーザーには用心を

対個人向けのサービスですから、購入者の信頼性が心配です。中古楽器屋さんのように、その地域で根強く信頼を勝ち取っていかなければならないところは信頼性がありますが、顔の見えない個人には、何ら信頼性はありません。その点だけ、注意が必要ですね。

⑤出張査定・買取サービス

■筆者の評価:
手間:☆★★★★星4
料金:☆★★★★星4
総論:現時点では、最もオススメできるサービスです。出張もしくは宅配の2つから選べます。

楽器のプロのスタッフなので、中古でも、その市場価値を把握した上で買取金額を提示してくれるところが強みです。

出張の場合は、持ち運ぶ手間もないので、本当に気軽に利用できます(買取金額に納得できず、断っても、追加料金はかかりません)。

スピード感もよく、最短で即日30分以内で査定にきてくれるケースもあるとのことです。

遺品整理の際、故人が楽器を大量に所有しており、その処分に困っている方には、特にオススメです。

なお、出張買取はエリアが限定されているので、あらかじめ注意が必要です。

なお、宅配買取を選んだ場合でも、無料でもらえる梱包キットに収めて送るだけなので、超簡単。まずは「問い合わせフォーム」から見積依頼をするだけでも良いと思います。

■関東エリアの方にオススメの業者
楽器の買取屋さん楽器の買取屋さん

【関西にも出張エリア拡大!】※2018/10月現在
東京・神奈川・埼玉・千葉・群馬・栃木・茨城
静岡・愛知・三重・岐阜・滋賀
大阪・兵庫・奈良・京都・和歌山
※詳しくは上記公式ページを確認ください

■関西エリアの方にオススメの業者
楽器買取ネット楽器買取ネット

(出張可能エリア:大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|三重 ※詳しくはリンク先をご参照ください)

複数の買取サービスを比較するには?

出張買取や宅配買取サービスを選ぶ場合、何社も自宅にきてもらったり、何社も宅配で郵送することは面倒臭くてできませんよね。

比較するには、事前見積査定を利用してください。

電話や見積専用フォームの質問に回答すると、概算の買取金額を教えてくれます。

そして、複数社を比較して、最も買い取り額が高いところを選ぶことが最も効率がよく、高価買取を実現できます。

比較したい場合は別記事「楽器買取のおすすめ業者ランキング」が参考になりますので、ご参照ください。

中古の楽器を高く買取してもらうコツ

楽器に限らず、中古品を高く売る大原則は、いかに新品に近づけることができるかがポイントになります。

汚れ、キズ、さび等は、事前に少しケアをしておくだけで、いくらか料金に差が出ます。

また、商品のケースや付属品も一緒に出せるとポイントが高いです。

査定額に納得できない場合

私がギターを売った際には、③~⑤のすべてのサービスを使って、最も高く、好条件で買い取ってくれるところを探しました。

順番としては、中古楽器屋さん⇒フリマアプリ⇒出張査定サービスでした。

最初に中古楽器屋さんで相場価格を調べ、フリマアプリで一般ユーザーの温度感を掴み、最後は査定サービスを利用しました。

最初に出張査定サービスを利用していてもよかったかもしれません。

まとめ

どうでしょうか。

シチュエーションによって、ご自身が最適なサービスをご利用下されば楽器を売るならどこがいいのか?確実に高価買取してもらうためのおすすめの方法幸いです。

■参考:

①地方自治体の粗大ごみ回収制度の利用
②廃品回収等の回収サービスの利用
③中古楽器屋の買取サービスの利用
④オークション/フリマアプリの利用
⑤出張査定・買取サービスの利用※一番おすすめ

-楽器処分
-